LPB Music
AUTHOR

LPB Music

    ギター歴25年、ジャズ愛好歴15年。HR/HMに衝撃を受けギターを手に取りバンド活動を始めるが、自身の内面にロック的アグレッシブさがないことにふと気付き音楽迷子になる。CDショップに勤務しながら自分の音楽を探すなかでStingの名盤『…All This Time』に出会いジャズに興味を持ち、さながら人生のサウンドトラックの様なジャズを愛する様になる。ギターを学ぶ中でブルースにも興味を持ち、そのまま沼にハマり、現在に至る。

      【Jazz × Disney】Everybody Wants To Be A Cat / Disney Jazz Vol.1(2011)

      ディズニーとジャズのコンピレーションアルバムは数多くリリースされていますが、本作はカート・ローゼンウィンケル、ギラッド・ヘクセルマンやエスペランサ・スポルティングなど気鋭のアーティストたちや、大御所デイブ・ブルーベックが参加しており、完成度の非常に高い聴き応えのある名盤となっています。

        【Jazz Trumpet】Chris Botti in Boston / Chris Botti (2009)

        クリス・ボッティの卓越したテクニッもさることながら、『世界で最も美しい50人』に選出された彼のルックスと詩情溢れるトーン、抜かりのない選曲とそれを完璧に表現する圧倒的実力を持った豪華なゲストアーティスト達による、高い芸術性とエンターテインメント性を兼ね備えた類稀な作品です。