CATEGORY

Jazz Talk

ジャズ愛好歴15年のギタリストによる、『ジャズは人生のサウンドトラック』との視点から紡がれる、独断と偏見のジャズの愛し方。ジャズの歴史的名盤からニューリリースなど、おすすめのアルバムを幅広くご紹介します。

    【Jazz × Disney】Everybody Wants To Be A Cat / Disney Jazz Vol.1(2011)

    ディズニーとジャズのコンピレーションアルバムは数多くリリースされていますが、本作はカート・ローゼンウィンケル、ギラッド・ヘクセルマンやエスペランサ・スポルティングなど気鋭のアーティストたちや、大御所デイブ・ブルーベックが参加しており、完成度の非常に高い聴き応えのある名盤となっています。

      【Jazz Trumpet】Chris Botti in Boston / Chris Botti (2009)

      クリス・ボッティの卓越したテクニッもさることながら、『世界で最も美しい50人』に選出された彼のルックスと詩情溢れるトーン、抜かりのない選曲とそれを完璧に表現する圧倒的実力を持った豪華なゲストアーティスト達による、高い芸術性とエンターテインメント性を兼ね備えた類稀な作品です。

        【Jazz Guitar】Arclight / Julian Lage (2016)

        ビバップ以前のジャズにフォーカスした、ジャズギターの若き天才が贈るエレクトリック・ジャズブルース。テレキャスターとアンプのみのセットから繰り出されるメロウでブルージーなジャズギターの名盤をご紹介します。

          【Jazz Guitar】Solo Masterpieces / Pasquale Grasso (2020)

          2020年3月リリース。連作ソロギターEPがワンパッケージにコンパイル、そして新録を収録した、パスカル・グラッソ ソロギタープロジェクトの集大成。トラディショナルなジャズギターの新しい表現方法を存分に堪能出来る作品です。

            【Jazz】The Jazz Messengers / Art Blakey and The Jazz Messengers (1956)

            轟くナイアガラ・ロールとアートブレイキーの咆哮。The Jazz Messengers 第1期最後のアルバムとなる本作。1954年から練り上げてきたアートブレイキーとホレスシルバーのケミストリーが心地良く、アートブレイキーのドラムも非常にキレがあり、全編で疾走感溢れるプレイが楽しめるハードバップの名盤です。

              【Jazz Guitar】Formidable / Pat Martino (2017)

              『Formidable / Pat Martino (2017)』は、ジャズギタージャイアント、パットマルティーノの11年ぶりのリーダー作で、彼らしいギターとアンプのピュアなトーンと、オルガン、ホーンが渾然一体となったサウンドが心地よい名演で、改めてジャズギターの素晴らしさを感じさせてくれる名盤です。

                【Jazz】Plus 4 / Sonny Rollins(1956)

                1956年3月22日録音。ソニーロリンズの復活作にしてクリフォードブラウンの遺作。クリフォードブラウン マックスローチ クインテット最後のアルバムとなった本作は、ソニーロリンズの名盤『サキソフォンコロッサス』に繋がる重要な作品です。