ギターのオクターブチューニングを完全攻略する

スポンサーリンク

仕組みが分かれば簡単。ギターのオクターブチューニング

美しく響くハーモニーのために

コードがきれいに響かない…と思ったら

ちゃんとチューニングを合わせたのに、何だかコードがキレイに鳴らないな…』そう感じることはありませんか?調べてみると、オクターブチューニングというのが問題の様だけど…何だかすごく難しそう…

オクターブチューニングは、ズレてしまうと各フレットの音程が全てズレてしまうものなので非常に重要な調整ですが、実はすごくシンプルな仕組みなんです。本来はプレイスタイルに合わせてプレイヤーが行う調整でもあります。

オクターブチューニングはギターの構造を少し理解するだけで、誰にでもすぐに出来る様になる簡単な調整ですので、怖がらずにトライしてみて下さい。

今回は、ギターの簡単な構造に触れながら、難解に見えるオクターブチューニングについて、分かりやすくご案内していきたいと思います。

スポンサーリンク

オクターブ=弦の長さが半分

12フレットは開放弦のちょうど半分の長さ

そもそもオクターブとは何でしょうか。5弦開放弦の基本周波数は110Hz。5弦12フレットの基本周波数は220Hzです。どちらもA音なのですが、ひとつ高いA音、1オクターブ上のA音になります(5弦開放はA2、5弦12フレットはA3と表記されます)。

弦振動の周波数は、弦が半分の長さになると倍になります。これは物理の決まりごとです。つまり、弦の長さがピッタリ半分になると、1オクターブ上の音になるわけです。弦の長さが短くなるほど、音は高くなっていきます。

弦を押さえると、弦は直線上より少し長くなる

直角三角形の斜辺の値を求めよ!

こうした物理学の計算に基づいて、フレットは打たれているのですが、単純に弦の長さを割っていけば正確な音程が得られるわけではありません。

何故ならギターの弦は指板から浮いているからです。押弦のフレットを起点に測ると、押さえつけられた弦は直角三角形の斜辺になり、直線上の分割より少し長くなります。斜辺の長さを求める公式は… a2+b2=c2 

ピタゴラスの定理ですね!でも計算は一切しなくて構いません!弦を押さえると直線上で割るより少し長くなる、と思っていただければ大丈夫です。

a=開放弦 b=弦高 c=押弦した時の弦長 です。

こういった誤差を想定し、計算に入れてフレットは打たれているのですが、ギターは時に想定を超えるセッティングやコンディションになることがあります。

例えばネックが反ったりしたことで想定を超える弦高になっている場合はどうでしょうか。

加えて、弦を押さえる力が強ければ、フレットの頭から指板へ想定より押さえつけられた弦には張力が余計に加わっていますよね。

弦の太さはどうでしょう。同じ力で押さえてもしなり方は変わりますね。弦という物理的要素と、プレイヤーという不確定な要素で弦に加わる力は常に変わるのです。

物理的誤差を修正する、調整の最終段階

この様々な想定との物理的誤差を修正するのがオクターブチューニングなのです。オクターブチューニングが合っていなければ、各フレットの音程も微妙にズレてしまっていますので、きっちりチューニングを合わせても、コードがきれいに響かないのです。

6弦など太くテンションの緩い弦が特に合いづらい理由も、こういった物理的な要因にあります。

オクターブチューニングの下準備

プレイヤー以外のファクターを一定にする

1.ネックをストレートに調整

まずは、ネックの反りを調整します。ネックが反っている状態ではいくらオクターブチューニングを合わせようとしても永遠に合いません。ネックはストレートである、というのが正確な音程の大前提です。

関連記事:【トラスロッド】セルフで出来るギターのネックコンディションの自己診断と調整

2.弦高を適正値に調整

更に弦高はどうでしょうか。弦高が著しく低い、もしくは高い状態ではオクターブチューニングは合うことはありません。加えて、ピックアップのポールピースが弦に近過ぎる場合は、ピックアップの磁力が干渉し弦振動自体が不規則になりますので、そちらもチェックしてみて下さい。

関連記事:ギターの弦高ってどのくらいが普通なの?

3.弦を新しいものに交換する

そして弦は古くなってはいませんか?古い伸び切った弦ではオクターブチューニングは合いません。

関連記事:ギターの弦交換ってどのくらいの頻度でするの?

ネックコンディション、弦高、弦の鮮度。この3つの要素はきっちり調整して下さい。この3つが出来ていなければ、オクターブチューニングは合わないと思って良いでしょう。

オクターブチューニングの手順

12フレットの音程をきっちりオクターブ上に

オクターブチューニングとは、開放弦と1オクターブ上の12フレットの音をきっちり1オクターブ上、基本周波数をきっちり2倍にするということ。

簡単に言うと、5弦であれば12フレット上でもきっちりA音に合わせるということです。これからご案内する3つの手順を弦1本ずつ行ってみて下さい。

手順1. 開放弦の音をきっちり合わせる

まず、開放弦の音をチューナーできっちり合わせましょう。

いつも弾く強さで弦をアタックしてチューニングして下さい。弾く強さで音程は微妙に変わります。あくまで、いつも弾く強さでチューニングするのが肝心です。

手順2. 12フレットの音程をチューナーで測る

いかがでしょうか。この時もいつも弾く強さでアタックして下さい。さらに12フレットを押さえる力もいつも押弦する強さで計測して下さい。高かったり、低かったりしたら、調整が必要です。ぴったりなら、その弦はOK。次の弦を見ていきましょう。

手順3. ブリッジサドルを動かしてチューニングを合わせる

チューナーで測って音程が高い場合、フレットとブリッジ間の距離が想定より短いと言うことです。ですので、ブリッジサドルを調整ネジでボディエンド側へ下げて距離を長くして、12フレット上の音がぴったり開放弦の1オクターブ上になる様にチューナーのゲージを合わせます

チューナーで測って音程が低い場合は、フレットとブリッジ間の距離が長すぎるということです。ブリッジサドルをネック側に動かして、12フレット上の音がぴったり開放弦の1オクターブ上になる様にチューナーのゲージを合わせます。

音が高ければ距離を長く調整、音が低ければ、距離を短く調整する。オクターブチューニングとは、それだけの調整なのです。

ハーモニクスの使用は簡易診断に便利

12フレットのハーモニクス音と12フレット上の実音を合わせる、という方法もあります。この方法は素早く行えるためオクターブチューニングの診断に最適です。

全弦のチューニングが不正確だとしてもその時点での各開放弦オクターブ上の音程になるため、オクターブチューニングの初期診断として使用します。

開放弦の振動が大きい場合、音程がアタックから減衰までで変化しやすいため、それに対応した方法でもあります。しかし実音(実際にプレイする音、アタック、押弦の力などの要素を含めて)で合わせた方が、よりプレイヤーに則したチューニングになるかと思います。

オクターブチューニングの理想的なサドル位置

手順を踏んでオクターブチューニングをすると、概ねブリッジサドルの位置は6〜4弦と3〜1弦のブリッジサドルがセットで、概ね下の写真の様に斜めに位置するかたちとなります。

それぞれブリッジサドルの位置を動かすネジが付いているのがお分かりいただけますでしょうか。このネジをオクターブアジャストスクリューと言います。『オクターブ調整ネジ』です。

Fender Stratocaster の場合

Gibson ABR-1 ブリッジの場合

どうしても合わない場合は、ネックコンディションは大丈夫か、弦高は大丈夫か、そして自分の押弦が強すぎないか、を見直してみましょう。

人間の耳は基準より高い音程を外れた様に解釈する傾向にありますので、ぴったり合わない場合は若干低めに合わせることで調子外れな感じが薄くなります。

サドルが各弦独立していないモデルは

テレキャスターやアコギはネック周りの調整と弦交換が重要

テレキャスターの3Wayサドルモデルや、その他バーブリッジのモデル、アコースティックギターなど、各弦で細かなオクターブチューニングが出来ないモデルも存在します。設計時の想定を超えるような弦のゲージや弦高でプレイする際には若干の妥協が必要になる場合があります。

しかしながらそういったモデルでも、ネックコンディションと弦高の調整、弦の鮮度を保つ事で演奏に支障が出ない程度のオクターブチューニングの維持は可能です。

アコースティックギターの場合は、ブリッジサドルを削って頂点の位置を調整することで微調整を行います。

フルアコはFホールの真ん中を目安に

フルアコなどのブリッジの位置が動かせるモデルは、両脇に空いたFホールの真ん中辺りを目安にブリッジ位置の移動でオクターブチューニングをします。

シンプルな構造が起こすマジックもある

1950年代までにデザインが完成したモデルは比較的オクターブチューニングに大らかな機種が多いのですが、そういった構造だからこそのサウンドが得られる理由から、現在でも愛されています。そういったモデルを愛用する場合は、それも個性だと受け入れてプレイしても良いのではないでしょうか。そこに何らかのマジックがあるからこその名器たち。そういった個性と折り合いをつけながらプレイしていく楽しみも、古い楽器を愛用する楽しみ方のひとつです。

美しく響くハーモニーのために

いかがでしたでしょうか。何となく調子外れな感じがする、フレット音痴と言われる症状は様々な要因で起きますが、最終的にプレイヤーと弦という物理的誤差を修正するのがオクターブチューニングなのです。

大抵の場合、ネックの反りの調整と適切な弦高でオクターブチューニングは合う様にセッティングされていますが、どうしても合わない場合はブリッジサドルでの調整が可能な様に設計されているのです。

最後まできっちり調整されたギターは、アンサンブルにおいても淀みなく美しいハーモニーを鳴らしてくれますので、気になったら是非トライしてみて下さい。

自分のプレイを良く聴き、微調整を行う事でより理想のトーンに近づくことでしょう。あなたのギターがより美しく響く手助けになれば幸いです。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!