始めるならどっち?エレキギター?アコースティックギター?

スポンサーリンク

手軽に楽しめるギターという楽しみ

アコースティックギターかエレキギターか。

外出を控えて、自宅で出来る趣味をお探しの方も多いのではないでしょうか。そんな中、少ない初期投資で長く楽しめる趣味としてギターが注目されていますが、ひとくちにギターと言っても、エレキギターとアコースティックギターがあります。どちらも一長一短あり、選ぶのに迷われている方も多いのではないでしょうか。

始めるならエレキギターがおすすめ

基礎に関しては共通ですので、どちらで始めてもギターの習得には問題ありませんが、ここではエレキギターをおすすめしたいと思います。一般的にロックのイメージがあるエレキギター。なぜアコースティックギターではなくエレキギターなのか。構造の違い、メリットデメリットから、そのふたつの違いについて簡単に見ていきましょう。

引用元 jp.yamaha.com
スポンサーリンク

アコースティックギターとは

アコースティックギターとは、箱状のボディを持ち、そのボディの共鳴で音を出す、生楽器のギターです。アコースティックギターは、ギター以外に必要なものはプレイヤーのみ、というシンプルさ、豊かでナチュラルな音響からギターを始める方にとってファーストチョイスになっています。

引用元  jp.yamaha.com

アコースティックギターのメリット

何よりも、他に必要なものはプレイヤーのみというシンプルさが挙げられます。ギター本体が共鳴し、充分な音量と音の広がりが得られるため、弾き語りなど歌との相性も非常に良く、簡単なコードを覚えるだけで好きな曲を自らの伴奏で歌うことも出来ます。

音楽体験が手軽に得られるのがアコースティックギターで、ギター以外に必要なモノがないため、アウトドアなどのアクティビティとも相性も非常に良く、様々なシチュエーションで音楽をシェアしやすい楽器です。

アコースティックギターのデメリット

デメリットとしては、音量のコントロールが非常に難しいことです。アタック(弾く力)で音量をコントロールするのですが、アタックの強さはサウンドの変化ももたらしますので、アコースティックギターの練習にはある程度の音量が出せる環境が必要です。

特に夜間の練習などは、防音環境がない場合には非常に困難です。アタックのコントロールによる音色表現がアコースティックギターの大切な要素のため、音量に気を遣っていると、なかなか上達が難しいのがアコースティックギターです。

エレキギターとは

エレキギターとは、ピックアップと言われるマイクで弦振動を拾って、アンプに音声信号を送り増幅する仕組みのギターで、ギター以外にアンプと、ギターとアンプを繋ぐケーブルが必要になります。

引用元 Fender.com

エレキギターのメリット

エレキギターのメリットはアコースティックギターに比べて弦が細く、弦を押さえやすいことから非常に楽にギターの基本を習得することが出来ます。アコースティックギターで押さえられなかったコードがエレキギターでは押さえられる、ということも有り得るほど必要な指の力は少なくなります。

ギターの習得にあたって、コードなどを覚えて楽曲を演奏するのが導入になりますが、そこで弦が太くコードを押さえるのが困難なアコースティックギターより挫折する可能性が低くなります。

加えて、アンプから音を出さなければ、かなり小さな音量しか出ないため、ヘッドホンなどを利用したり、アンプ側の音量を絞ることで夜間の練習も容易になります。

イメージとしてはロックなどのイメージから大音量のイメージがあるエレキギターですが、アコースティックギターに比べて非常に音量のコントロールが容易な楽器です。

エレキギターのデメリット

エレキギターのデメリットは、必要な機器が多いということでしょう。

アンプは電源を必要とするため、電源に使用環境を縛られます。

しかしながら近年は家庭用アンプのバリエーションは多岐にわたり、電池駆動のものなども高音質なものが普及しており、このデメリットは薄れつつあります。

その他、サウンドを加工するエフェクターなども多岐にわたり、何が必要か分からないなど初期導入に躊躇しがちなのですが、近年のアンプには簡易的なエフェクターも内蔵されており、このデメリットはもはや過去のものとなりました。

引用元  jp.yamaha.com

アコースティックギターのサウンドが好きな方には

それでもアコースティックギターのサウンドが好きで、アコースティックギターが弾きたい、という方には、サイレントギターがおすすめです。サイレントギターでは、ヘッドホンを直に挿したり、アンプに繋ぐことで出音するギターです。夜間の練習にも最適で、練習の時間帯を選ばないギターです。

引用元 jp.yamaha.com

しかしながら、ボディを叩いたりする演奏は出来ないため、そのためには通常の構造のアコースティックギターを用いる必要があります。

基礎は共通のアコギとエレキ

どちらも楽しいギターという趣味

いかがでしたでしょうか。ギターという楽器に興味を持っていただいたなら、ぜひ長く楽しんでいただきたい。そのための最初のギター選びのご案内でした。

現在ギターを始める方のファーストチョイスはアコースティックギターが圧倒的に多いのですが、エレキギターにも興味を持っていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!